同窓会

母校支援

母校を支援することは同窓会の重要な役割です。同窓会だけでなく、同窓生からの母校支援も大切です。

母校支援は大学への寄付だけを意味するものではありません。同窓生の皆さんが同窓会活動を維持するための会費を継続して納めてくださることや、同窓会の行事に積極的に参加してくださることが、母校支援につながっています。

同窓会からの母校支援

同窓会では講演会、コンサート、講座など様々な行事を開催しています。皆さんが行事に参加してくださり、その結果として得られた収益の一部は大学への寄付に充てられます。大学創立100周年のVERA募金に対しては、同窓会から1億円の寄付をすることができました。現在は大学創立110周年の寄付(目標額は1千万円)に向けて活動をしています。

総会1

大学100周年1億円寄付
2018年4月30日100周年記念式典

総会2

さつき奨励金とパイプオルガン寄付
2019年6月16日支部長会

 

大学への周年寄付の他にも、以下の形で大学への支援を継続して行っています。

■同窓会奨学金
人物、学業成績が優秀で、かつ経済的に困難な状況にある学生に対して、年間授業料相当額を無利子で貸与しています。募集人員は1年次7名です。

■東京女子大学国際交流奨学金(さつき奨励金)への支援
留学生を対象とする国際交流奨学金(さつき奨励金)に対して毎年一定額以上の寄付をしています。園遊会の同窓会バザーの売上がこの支援に充てられます。

■パイプオルガン寄付
チャペルに設置されたパイプオルガンの維持のために毎年寄付をしています。

■エンパワーメント・センターとの連携
大学のエンパワーメント・センターは卒業生の生涯にわたるライフキャリアを支援しています。
ライフキャリアとは企業等で働くワークキャリアだけに限定せずに、社会参加や地域活動も含む考え方です。このために、エンパワーメント・センターでは年間を通じて様々な講座、ワークショップ、個別キャリアカウンセリングなどを行っています。

卒業後10年の会、20年の会ではエンパワーメント・センターと同窓会が共同でライフキャリアに関するワークショップを開催しています。また、同窓会が毎年2月に主催する東女ネットワークの会「集い」はエンパワーメント・センターが後援しています。

エンパワーメント・センターについてはこちらをご覧ください。

■就職活動サポート講座
在校生の就職活動を支援するために、毎年5月に就職活動サポート講座を開催しています。パネルディスカッションやグループディスカッションが中心のこの講座には、企業等に勤務する若手同窓生にパネリストとして登壇してもらい、在校生が就職活動の疑問や不安について先輩と直接話をする機会を提供しています。

■留学生との交流会
東京女子大学に在籍する各国からの留学生と1年に1、2回交流する機会を持っています。

同窓生からの母校支援

大学への寄付について知りたい方は、以下の大学ホームページをご覧ください。

■東京女子大学維持協力会
東京女子大学維持協力会は、東京女子大学の教育・研究活動を支えるための募金活動をしています。維持協力会への寄付は、在校生の奨学金を中心とする教育・研究経費に充てられます。詳しくはこちらをご覧ください。

■遺贈
ご遺産の全部または一部を東京女子大学に寄付(遺贈)していただく制度があります。詳しくはこちらをご覧ください。

■その他大学への寄付・支援
東京女子大学の教育・研究の発展、充実のためのご支援やご協力についてはこちらをご覧ください。

Page Topへ