お知らせ

実態調査報告書について

  • お知らせ

東京女子大学同窓会では、2018年9月に、『2018年度同窓生実態調査』を実施いたしました。お忙しい中、実態調査へご協力いただきました同窓生に厚く御礼申し上げます。

集計作業が終了し、本日皆様に調査結果をご報告いたします。調査報告書は、会員専用ページ(下記関連リンク「会員専用ページはこちら」)からご覧いただけます。会員専用ページは、同窓会費をお納めいただいている正会員がご覧いただけるページで、IDとパスワードは、正会員にお届けする同窓会会報に記載されています。なお、HP以外にも、2019年9月発行の同窓会会報に調査結果概略を掲載する予定です。(会員に関するお問い合わせは、事務局までお寄せ下さい)

調査は、同窓会に住所登録のある43,642名の卒業生に質問票のはがきをお送りし、6,076の回答を得ました。回答率は13.9%、1936年卒業(調査時の推定年齢104歳)の大先輩から2018年卒業の若い同窓生まで幅広い世代から回答をいただきました。はがきという紙面の制約から、質問数は限られましたが、仕事、結婚、子ども、ボランティア活動についての質問を通じ、おぼろげながらも同窓生の卒業後の歩みを知るよい機会となりました。この結果を今後の同窓会活動等に生かしていきたいと思っております。

今後とも同窓会活動へのご協力、よろしくお願いいたします。

2019年7月16日
一般社団法人 東京女子大学同窓会会長 小山惠子

関連リンク

Page Topへ